美術館

国立ティッセン=ボルネミッサ美術館 テーマ別鑑賞コース

マドリードの三大美術館のひとつ、国立ティッセン=ボルネミッサ美術館では、さまざまなテーマにそった絵画の楽しみ方を提案しています。 ワインと芸術 ルネッサンス時代から20世紀にかけての国立ティッセン=ボルネミッサ美術館コレクション(収蔵品)を通して、宗教的、文化的、社会的、経済的観点から、人類の発展においてワイン...

ティッセン=ボルネミッサ美術館開館25周年、名称を国立美術館へ

25年前、ドイツ人実業家のハンス・ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサ男爵は数多く所有していた素晴らしい美術品の恒久的な所蔵先としてスペインを選びました。その後1993年にスペイン国家がそのコレクションを正式に購入し、そして今、800以上もの作品が国指定の重要文化財として認定されました。 さらに文部大臣の提案によ...