ニュース

ティッセン=ボルネミッサ美術館にて日本人ガイド向け研修を実施

ティッセン=ボルネミッサ美術館 当協会会員ガイドへ研修会開催 2019年11月26日、スペインの中でも最も重要な美術館のひとつ、ティッセン=ボルネミッサ美術館が、当協会会員の日系旅行代理店で活躍する日本人ガイドの知識を深めるために研修会を開催しました。美術館内で行われた研修には、当協会会員であるG2 Travel...

バレンシア市、シェフのホセ・アンドレス氏を国際パエリア大使に任命

この度バレンシア市は「パエリアの発祥地はバレンシア」という認識を広めた功績を称え、世界的に有名なシェフのホセ・アンドレス氏を国際パエリア大使に任命しました。パエリアを理解し創作の可能性を深め、社会的貢献とプロフェッショナルとしての自負を持って活躍するホセ・アンドレス氏。バレンシアの「食の遺産」であるバラエティに富んだパ...

JATAツーリズムEXPOジャパン2019

今年も「JATAツーリズムEXPOジャパン2019」に参加 当協会は今年も「JATAツーリズムEXPOジャパン2019」に参加しました。今年10月23日~27に日本で開催された「JATAツーリズムEXPOジャパン」は旅行業界の注目企業が集結する一大イベント。世界中から、国、企業、観光協会などの観光関係者が一同...

バレンシア、2022年にスペイン初のデザイン世界首都に

世界デザイン機構 (World Design Organization / WDO)が、バレンシアによるプロジェクトの可能性を見出し、2022年にばれを世界デザイン界の中心地として選出。 世界デザイン機構がバレンシアを2022年デザイン世界首都に選出し、バレンシア出身デザイナー、デザイン関連企業、また環境向上を目指し...

日本国大使館の清水公使、ソリア県初の巡礼道宿泊施設開所式に出席

5月11日、ソリア県ゴルマス村にてサンティアゴ巡礼道宿泊施設「エル・シッド」の開所式が行われました。 このソリア県初となる巡礼道宿泊施設のカテゴリーは2つ貝*で定員は8名。日本の熊野古道・四国遍路と姉妹道協定を結んでいる聖ヤコブ(スペイン語でサンティアゴ)ルート上にあり、開所式には在スペイン日本国大使館の清水公使も出...

2020年Webit開催地としてバレンシアが決定

ブルガリアの首都ソフィアで開催されているWebit 2019にて、次回2020年のWebit開催地としてスペインのバレンシアが選ばれたことが2019年5月17日に発表されました。 このWebitは、デジタルマーケティングやオンラインビジネスをテーマとした欧州の最大サミットで、世界中のスタートアップ企業と投資家との新し...

日本の旅行業界関係者、ロンダ観光局の招待でロンダの魅力を視察

この度、ロンダ観光局は日西観光協会会員の日系旅行業界関係者の方々を招待し、視察ツアーを実施しました。グループ旅行、ビジネスミーティング、インセンティブ旅行など様々なニーズに応えることができるマラガ県ロンダ。ロンダの街とその周辺を取り囲む大自然の豊富な魅力を知ってもらうため、関係者の皆様はまず中心部でガイドとともに歴史や...

滋賀県彦根市とセゴビア市の両都市間で観光促進協定締結

この度、滋賀県彦根市とセゴビア市の両都市の魅力を、文化・グルメ・スポーツを通してお互いにプロモートするため、セゴビア市歴史遺産・観光局市会議員と滋賀県彦根市代表団との間で会談が行われました。 この提案には、各業界の専門家の間で、文化・観光の知識や経験について意見交換をするためのさまざまなセミナーやワークショップの...

ティッセン=ボルネミッサ美術館開館25周年、名称を国立美術館へ

25年前、ドイツ人実業家のハンス・ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサ男爵は数多く所有していた素晴らしい美術品の恒久的な所蔵先としてスペインを選びました。その後1993年にスペイン国家がそのコレクションを正式に購入し、そして今、800以上もの作品が国指定の重要文化財として認定されました。 さらに文部大臣の提案によ...